CCMS の概要

情報アーキテクト

IXIASOFT CCMS はお客様に主導権を譲ります。業務ワークフローに合わせてシステムをどのように調整するかは、すべてお客様が決定します。
テクニカルライター

CONTRIBUTOR

REVIEWER

情報アーキテクト

ローカライゼーションマネージャー

製品マネージャー

システム管理者

本製品には、複雑なドキュメンテーションワークフローを管理し、生産性を測定し、進捗状況を追跡するなど、多数の機能が搭載されています。ドキュメンテーションプロセスとその結果が最初だけでなく、長期的に向上していくことが実感できるでしょう。
一貫した質の高いコンテンツを作成するための正しいツール

IXIASOFT CCMS は、新しいコンテンツの構造化、コンテンツ制作の測定に必要なツールを備えた情報アーキテクトを提供します。

ドキュメンテーションの質の向上により、顧客満足度を上げる。

柔軟なワークフロー

IXIASOFT CCMS のワークフローエンジンは柔軟です。各コンテンツオブジェクトは自身の承認サイクルに従うことができます。タスク割り当てやメールトリガーなどの機能により、期限の追跡が容易になります。弊社の製品を使用すると、あらゆる文書をタイムリーに、高い質で提供できます。

既存の文書承認ワークフローを改善する。

プロジェクト管理

プロジェクト管理ビューを使うと、コンテンツ作成にチームのメンバーを割り当て、レビューに SME を追加でき、適切な人員の承認を受けてからコンテンツを提供できます。また、文書ごとにローカライゼーション言語を指定することも可能です。

ドキュメンテーションプロジェクトに管理されるのではなく、こちらが管理する。

分岐機能と Dynamic Release Management (DRM)

IXIASOFT CCMS は、そのまま使える分岐機能で文書のバージョンセットのメンテナンスをサポートします。Dynamic Release Management (DRM)は、製品リリース管理の柔軟性と明確さを高めることができるオプションのモジュールです。

どの製品リリースでも、比類ない公開の柔軟性を実現する。

アクセス権

IXIASOFT CCMS では、アクセス権はロール、グループ、ワークフローの状態によって決まります。 これらのパラメーターを使って、どのユーザーがどのような場合に特定のコンテンツにアクセスできるのかを決定します。アクセス権は、使いやすい WYSIWYG 管理ツールで管理します。

誰が何にどこからアクセスできるのかを容易に管理します。

その他の機能

  • DITA の仕様と制約を作成/追加
  • あらゆるタイプのメタデータ、分類、ラベルを作成および適用
  • スタブを使うことで、迅速に作成およびテスト

  • 作成チーム用のテンプレートを作成
  • キーや他の先進的な DITA 機能をサポート

X