Resources

ブログ

弊社のブログにはすべてが網羅されています。IXIASOFT エキスパートが伝えたいドキュメンテーションのベストプラクティスと業界の傾向を是非お読みください。

最近の技術革新により、ユーザーエクスペリエンスをパーソナライズする可能性が大幅に高まりました。可能な限り最高のエクスペリエンスを提供するために必要な情報は、Web で簡単にアクセスでき、そして、企業は、顧客満足度を最大化し顧客を維持するために適応する必要があります。製品の開発には、パーソナライズが不可欠になります。デザイン思考でのユーザー中心のアプローチは、企業でますます人気が高まっています。ユーザーおよびユーザーのニーズを知ることは、あらゆるビジネスの成功に必要な条件です。しかし、ユーザーエクスペリエンスのデザインとは正確には何であり、DITA をフレームワークとして使用するコンテンツストラテジーに、それをどのようにして組み込むことができるでしょうか。  ユーザーエクスペリエンス (UX) とは何か? ユーザーエクスペリエンスは、オブジェクト、サービス、プロセスなどのシステムとユーザーとのインタラクションを特定のコンテキスト(そのときの状況・経緯)で特徴付けた「ユーザー体験」です。成功するポジティブなユーザーエクスペリエンスは、3つの経済原則を組み合わせたものになります。・ユーザビリティ:システムはユーザーのニーズに応える。 ・効率:ユーザーは時間と労力を無駄にすることなく目標を達成できる。 ・満足度:システムを使用する際の快適さとポジティブな姿勢。 ユーザーエクスペリエンスは、ユーザー中心のアプローチを採用することにより、ユーザーのニーズを満たすことを目的としています。これは、ユーザビリティの問題を防ぎ、その結果、忠実なユーザーと共に、より良い製品、サービス、および内部プロセスにつながります。「ユーザーエクスペリエンスデザイン」という用語は、認知科学者のドナルド・ノーマンによって 1995年に初めて導入されましたが、UX は常に人々に求められてきました。例として、風水と最適な方法での空間の配置、古代ギリシャ人と人間工学の原則に基づいて構築された彼らのツール、トヨタの人​​間中心の生産システム、そして完璧に近いユーザーエクスペリエンスを作成することへの執念で知られるウォルトディズニーさえも含まれます。デザイン思考を使用してポジティブなユーザーエクスペリエンスを作成する方法は? デザイン思考は、あなたが作成しているものを使用するユーザーに焦点を当てることからなるストラテジーです。ソリューションをイノベートするにつれて、ユーザーのニーズを統合し、それ故にユーザーのニーズを満たすより良い立場になります。1960年代以来、研究者たちは、デザイナーの作業プロセスと、彼らがどのようにしてユニークで創造的なアイデアを思いついたかを理解するための調査を行ってきました。デザインは、問題を考えて解決する方法として徐々に登場しました。1990年の後半、ティム・ブラウンとデビッド・M・ケリーは、すべてのタイプの問題を解決するために5つのステップで構成されるイノベーション・プロセスとして、デザイン思考を形式化しました。1. 理解と共感 2. 問題の定義 3. アイデア発想 4. プロトタイピング 5. テスト・検証最初の2つのステップでは、ユーザーが遭遇した問題を特定します。理解と共感のステップでは、ユーザーとユーザーが求めているものを学び、理解します。収集した情報を使用してパターンを見つけますーこれが明確なステップになります。次の3つのステップは、問題の解決を目的としています。アイデア発想のステップでは、ソリューションのアイデアをブレーンストーミングします。プロトタイピングとテスト・検証のステップでは、開発したアイデアを表現し、ユーザーとテストを行ってそのフィードバックを受け取ります。理解と共感 あなたがデザインしているものを使用するユーザーについて学びます。 ・インタビュー ・観察 ・調査 ・ユーザーコミュニティ など問題の定義 ユーザーのニーズと洞察に基づいた視点を構築します。 ・ペルソナ (ユーザー像) ・エクスペリエンスマップ (体験マップ) などアイデア発想 ブレーンストーミングを行い、できるだけ多くのクリエイティブなソリューションを考え出します。 ・ブレーンストーミング ・デザインスタジオセッション などプロトタイピング 1つまたは複数のアイデアの表現を作成して、他の人に示します。 ・ハンドメイド ・高忠実度 ・3D などテスト・検証 試作したアイデアをユーザーと共有してフィードバックを求めます。 ・直接モデレートして行う ・リモートでモデレートして行う ・リモートでモデレートしないで行う デザイン思考プロセスは線形的ではなく、反復が必要であることに注意してください。異なるステップ間を行き来することが、ソリューションに到達するための鍵です。デザイン思考を適応させる方法 IXIASOFT では、デザイン思考が IXASOFT CCMS の開発の中核にあります。理解と共感ステップでは、私たちのチームは私たちがデザインする人々、つまりコンテンツを書く人々に焦点を合わせます。私たちは、ワークショップを直接開催したり、彼らの作業方法や彼らが現在のソフトウェアで遭遇する問題について学ぶためのリモートミーティングを行ったりなどして、さまざまなカテゴリーのライターを観察します。次に、ユーザーと密接に協力している人々にインタビューし、そしてさまざまなプラットフォームからデータを収集して、調査を行います。収集した情報で、パターンを識別します。たとえば、ライターではテクニカルライター、エンジニア、開発者などになります。ソフトウェアで直面する障害には、パフォーマンスの問題、時間のかかるアクション、チームでの作業の困難さなどがあります。次に、適応ソリューションを見つけることに移行し、答えが必要な質問に関して障害を定式化します:パフォーマンスを改善する方法、チームワークをより効率的にする方法、またはアクションの完了に必要な時間を短縮する方法など。 この方法は、IXIASOFT の顧客とチームがブレーンストーミングやデザインスタジオセッションで心を開き、アイデアを提出するのに役立ちます。さまざまな分野の個人が関与し、製品の独自のビジョンを共有できることは、より深い洞察を導き出します。ブレーンストーミングセッションは、プロトタイピング フェーズで取り組むアイデアを決定することによって成功します。内部のチームや顧客とのやり取りを数回行った後、機能改善に役立つフィードバックを行うユーザーが機能のテストを行います。 デザイン思考をコンテンツストラテジーに適用する方法 UX の哲学とデザイン思考は、ドキュメントに適用できます。コンテンツストラテジーと UX デザインは、コアバリューと哲学を共有しています。・ユーザーを知る ・情報デザインと情報戦略を通じてユーザーを支援する方法を定義する ・必要なときに必要な場所でコンテンツを提供することにより、ユーザーを満足させる ドキュメントに関連するデザイン思考の哲学 ほとんどの企業では、ドキュメントチームがコンテンツを作成し、それをユーザーエクスペリエンス チームに渡して配信する傾向があります。ドキュメントチームは、ユーザーエクスペリエンスのコントロールを緩めます。しかしながら、コンテンツをパーソナライズする能力が増大するにつれ、ドキュメントチームがコンテンツの構想から配信まで関与し、UX スキルセットを習得する必要性が高まっています。過去10年間で、ドキュメンタリアンの役割はこの方向に進化しました。情報開発者はより技術的になる必要があります。また、情報開発者が取り組むコンテンツは、すべての部門が業務を効率的に遂行するのに役立つため、企業は、顧客や企業に全体的に価値をもたらすために彼らに戦略的スキルも求めます。したがって、ドキュメントチームが UX デザインスキルセットとメンタリティをコア・コンピタンスとして所有する必要があります。ドキュメンタリアンの役割は現在、顧客を理解し、優れたユーザーエクスペリエンスを作成するという原則に組み込まれており、効率的なコンテンツストラテジーが必要になります。 コンテンツストラテジーのコンポーネント 健全なコンテンツストラテジーは、UX デザイン思考と同じフローに従います。・コンテンツのユーザーを知る (ペルソナ) ・タスク指向でニーズを定義する (要件) ・エラーからの回復を支援しトラブルシューティング情報を提供する方法、およびコンテンツを見つけやすくする方法 (情報モデル) ・情報を配信するテクノロジー (ツール) ・コンテンツのプレゼンテーション (配信) ドキュメントチームは、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するために、コンテンツライフサイクルの初期段階でデザイナーを関与させる必要があり、またプロトタイピング時に枝分かれしないようにする必要もあります。調整と改善を行うには、サイクル全体を実行することが重要です。 DITA インフラストラクチャがデザインに命を吹き込む方法 新しいテクノロジーと、自由に使うことができる大量のユーザーに関するデータにより、企業は、ユーザーに配信するコンテンツを大幅にパーソナライズできます。DITA は、再利用メカニズムやコンテンツのモジュール化などのコア機能により、最適なフレームワークを提供します。そのインフラストラクチャは、パーソナライゼーション、そして最も正確にはコンテキスト設定メカニズムを通じて、洗練されたユーザーエクスペリエンスを実現するのに役立ちます。・メタデータ (サブジェクトスキーム、トピック分類) ・ユーザーに可変コンテンツを提供する...

X